おいしいレギュラーコーヒーなら

レギュラーコーヒーはインスタントコーヒーに対しての言葉で、挽いた豆から入れるコーヒーを指します。

ドリップするものや抽出するものなどがあります。



ドリップの場合にはフィルターの素材や形状によっても味が変わります。


レギュラーコーヒーをおいしく飲むためには豆本来の味や香りを最もいい状態で引き出すことが大切です。アルコールランプでお湯を沸騰させ、コーヒー粉と混ざり、フィルターを通してコーヒーが落ちてくる仕組みになっているのがサイフォンです。


粉の香りが残りますが、コーヒーの粉を焼いてしまうという性質もあるため、豆によっては苦みが残るので、基本的に専門店でのみの取り扱いになります。



ポットにコーヒーを入れて一定時間後にフィルターを押し込み、粉とリキッドを分離することで抽出するフレンチプレスも風味が残るのでコーヒーをおいしく味わうことができますが、粉がコーヒーに混ざることがあり、やはり専門店での取り扱いが基本になります。


レギュラーコーヒーでは98パーセントの成分が水ですのでコーヒーの風味と味にぴったりの水を使うこともおいしさに影響してきます。ペーパードリップやコーヒーメーカーの場合には中挽きが理想的で、サイフォンの場合には中挽きから細びきが適しています。

コーヒーには多くの油分が含まれており、フィルター抽出の場合には油がほどよくとれるというメリットがあります。

焙煎度の高い深入りのコーヒーや抽出温度が低い時に油が浮かぶことがありますが、植物性の油なので問題ありません。

マイナビニュースに関する特集の情報が満載です。