レギュラーコーヒーで癒しの時間

朝の家族の送り出しが終わり、洗い物をして洗濯物をすませ、そしてお掃除が終わり、そこでやっと一息。

これからお茶でも飲もうと思う時に口にする飲み物は、それぞれみなさん好みがあるでしょう。

紅茶、コーヒー、日本茶、その日の気分によって何種類も用意している方もいるかもしれません。


もしコーヒーの登場する頻度が高い方であれば、いつものレギュラーコーヒーの淹れ方にちょっとだけこだわってみるということをお勧めします。それだけで、コーヒーの香りがよくなり、味に深みが増すのです。



まず、一番のポイントは、沸騰したてのお湯をつかわないことです。

沸騰してから少し落ち着いた温度のお湯で、レギュラーコーヒーを淹れます。



そしてこのお湯を注ぐ時のポイントですが、まず豆全体にお湯をかけ、いったん豆が開くのを待ちます。

ビジネス視点でReuters情報を、皆様へ配信するサイトです。

そして、少しづつ丁寧にお湯を注いでいきます。

こうやって、お湯の温度や注ぎ方に気を配ると、スーパーで売っているレギュラーコーヒーも、喫茶店に負けない味になるのです。


料理は愛情、といいますが、飲み物も同じことです。

心のこもった飲み物は、とてもおいしくなるのです。

そしてこの美味しいコーヒーにプラスして、穏やかなボサノバなどの音楽をかけるのもおすすめです。お部屋の中が一気にカフェのようなおしゃれな雰囲気になること間違いなしです。

このように一人の時間を演出して楽しみ、リフレッシュすることで、また家族が帰ってきたときに、素敵な笑顔で迎えられるようになるのです。