レギュラーコーヒーとは?

レギュラーコーヒーとは、インスタントコーヒーに対しての言葉で、焙煎したコーヒー豆を挽いて抽出して飲むものです。



それに対し、インスタントコーヒーとはお湯を注ぐだけでコーヒーが完成できるように、一旦コーヒーを抽出して乾燥させ、粉末状に加工したものです。
「レギュラーコーヒー」とはインスタントコーヒーと区別するために生まれた名称です。


近年インスタントコーヒーの進化は目覚ましく、風味がどんどん良くなっていますが、やはり、香り、風味など手間をかけていれたレギュラーコーヒーは格別です。

マイナビニュース情報を、皆様へ配信するサイトです。

レギュラーコーヒーのいれ方は、ドリッパー、ネルドリップ、コーヒーメーカーやサイフォンなど様々ですが、家庭で簡単に出来る方法はやはりフィルタードリップです。おいしいいれ方のポイントとしては、まず少量のお湯で20〜30秒程度蒸らすこと、お湯をらせんをかくように注ぐことです。
もうちょっと出るかなと、欲張ってお湯を多めに注いでしまうのは厳禁です。


風味が落ちます。
コーヒーが濃くなってしまった場合は、後で抽出したコーヒーにお湯を足して調節します。おいしくコーヒーを飲むためには、コーヒー豆の保存にも気をつけないといけません。

コーヒー豆は酸素に触れると酸化して鮮度が落ちます。

初めてでもわかりやすい、コーヒーカプセルの情報をお知らせいたします。

3〜1か月程度で飲み切る場合は冷蔵保存、それ以上の場合は冷凍保存をおすすめします。


その際、冷蔵庫で匂い移りがないように気をつけましょう。インスタントコーヒーはすぐ飲みたい時には便利ですが、レギュラーコーヒーはいれる工程も楽しいものです。
用途や場面に応じて選択したいものです。